Hakaru+(ハカルプラス)はかる ささえる つくりだす ハカルプラス株式会社

空調機自動制御システム

簡単施工でラクラク運用!快適な省エネを実現! 空調機自動制御システム   空調機自動制御システムとは? 電力の使用状況に応じて、エアコンの省エネ運転を自動で行うシステムです!  空調機自動制御システムは、室外機の出力自体を抑える“ デマンド機能”を利用しています。そのため。従来のON/OFFだけの制御よりも、快適かつ効果的な省エネが可能です。従来必要であった配線工事の費用と手間を削減するために、高品質で耐ノイズ性に優れた電力線通信(PLC)を採用し、低予算での導入を可能にしました。

システム構成

システム構成例

電力線通信(PLC)技術 省配線

PLCは、既設の電力線を利用して信号を送信する技術です。
独自のアルゴリズム設計により、高品質で耐ノイズ性に優れた通信を実現しました。
最大600m(中継器使用)の通信が可能です。
電気室と事務所のような遠距離間を通信する場合、通常は、ケーブル配線工事が必要です。
しかし当システムは、通信にPLC・電力線通信(PLC)を使用しているため、配線に関する工事費が不要です。

省エネの決め手! デマンド機能

当システムは、室外機のデマンド機能(空調機メーカー製)を利用しています。これは、室外機を動かす動力を70%、40%(※)といった値で制御し、運転をさせるものです。
従来の空調の省エネは、温度調節や電源OFFの調節のみでしたが、デマンド機能を用いた空調自動制御システムならば、送風を止めることなく、確実に消費電力を削減します。
※お使いの室外機によりパーセンテージは異なります。

省エネの決め手! 2つの制御方式

当システムには、デマンド機能を最大限に生かす、2つの制御モードを搭載しています。

(1)警報に応じて、タイムリーに最適制御をするピークカットモード (2)輪番停電のように、常にどこかを制御する省エネモード

これら2つの制御により、快適環境と節電を両立させる、理想的な空調制御ができます。
また、季節ごとの制御や、使用のピークを迎える時間とそうでない時間を考慮した、時間帯ごとの制御も可能。省エネの決め手として、年間を通じてご使用頂けます。

こんなところで使われています!

こんなところで使われています!

価格

デマンド監視装置 本体 CSA-99 \150,000-
専用ソフト TPS-3 \100,000-
通信ケーブル CB3 \10,000-
空調機制御装置 親機 TDD8EP-T \200,000-
子機 TDD2EP-R \35,000-
中継器 TDD8EP-W \80,000-
専用ソフト TPS-13 \100,000-
通信ケーブル CB10 \10,000-
信号伝送装置 本体 TDD3ZB-T \80,000-
デマンド表示器 本体 TDD3ZB-D \200,000-
デマンド警報装置 本体 TDD3ZB-R \90,000-

※室外機一台につき子機一台が必要となります。 お使いの環境によりカスタマイズが可能です。
※他社製デマンド監視装置をご導入されている場合でも、当システムはご導入いただけます。
※お使いの室外機の型式に応じて、メーカー製デマンド基板が別途必要となります。
※デマンド基板の設置等、工事が必要になる場合があります。
※ 製品のデザイン及び仕様は改善のため、予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

デマンド監視システムの導入事例 デマンド監視システムのカスタムメイド事例 デマンド監視システムのお問い合わせ
このページの先頭へ